玄米とマルチビタミンで健康生活

玄米を美味しく食べて健康な生活を!安全で高品質なマルチビタミン&ミネラルサプリメントもご紹介

玄米は1年~3年が賞味期限。長く保たせるためには、温度と湿度に注意しましょう

約 2 分
玄米は1年~3年が賞味期限。長く保たせるためには、温度と湿度に注意しましょう

お米には賞味期限が書いていないため、いつまでに食べ切れば良いか分からない人もいるでしょう。また、お米は保存食にもなるので数年は保つと考えている人もいると思います。

答えは、白米は早めに食べ切るのが良いのですが、玄米は長く保存しても良いです。

精米した白米は、殻がなくて裸の状態と言えます。そのため、夏は1ヶ月、冬は2ヶ月ぐらいで食べ切るのが良いと言われています。白米は酸化しやすいため、日が経つにつれてどんどん劣化していってしまうからです。
しかし玄米は、裸ではなくて服を着ているお米です。そのため、1年~3年は保つと言われています。酸化しない訳ではありませんが、酸化スピードが遅いので日持ちしやすいのです。
そして、1年~3年の差は保存場所によります。良い保存場所なら長く持ちますが、保存場所が悪いと劣化は早くなります。

良い保存場所とは、湿気が少なくて1年を通じても温度の変化が少ない場所です。また、暑すぎると酸化は早く進みますし、寒すぎると結露して玄米は傷みます。
家の中だと、キッチンの収納棚が良い場所です。リビングや部屋にそのまま置いてしまうと、春夏秋冬の温度差やエアコンの影響をモロに受けてしまいます。玄米が少量ならば、冷蔵庫に紙や新聞で包んで保存しておくのも良いでしょう。

逆に避けるべき場所は、キッチンの下などの湿気がある場所です。水気は玄米を劣化させてしまいまうので、脱衣所もダメです。

ちなみに、玄米は袋を開けていても、未開封のものでも賞味期限の長さは変わりません。そして、開封から1年~3年が賞味期限なのではなく、調節年月日が袋に書いてあるため、その日付から1年~2年です。

玄米は日持ちしやすく、2年経ってもおいしく食べれます。しかし、全く酸化しない訳ではないので傷む可能性もあるのを覚えておきましょう。ポイントは、保存場所です。温度変化や暑すぎ、寒すぎなどに注意して、湿度が少ない場所を選びましょう。そうすれば、玄米は長く保存してもおいしく食べれます。

ドクターズチョイス マルチビタミン&ミネラル 1日1粒

ドクターズチョイス マルチビタミン&ミネラル 1日1粒
ドクターズチョイス マルチビタミン&ミネラルは野菜/果物のエキス(果汁)だけでなくその皮、果肉、種、全て丸ごと使用し 栄養素を凝縮した一歩上のランクのマルチビタミンです。

☆主な特徴
●20種類以上のオーガニック野菜、果物、きのこ類などを丸ごと粉砕
●そこに乳酸菌を加え発酵、熟成させ、栄養素をさらにアップ
●発酵により、発生した酵素により吸収力がアップ
●1日1粒で20種類以上のオーガニック野菜や果物、きのこをバランス良く食べた事に

乳酸菌、酵素以外の添加物は一切なし。
使用している野菜類は全てオーガニックで無農薬。
究極のマルチビタミン&ミネラルのサプリメントです。
0

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)